【コスプレ前に必見】タイプ別にキャリーケース紹介♪

コスプレイベントが増えてくる季節になり、

造形の綺麗なウィッグの運搬に困っている方をちらほらとお見かけします。

今回少しでも参考になればと思いまして、

イベントで役立つキャリーケースをご紹介いたします♪

キャリーケース

歴史について

現代のキャリーケースと呼ばれるようになるまで、

幾度かの進化を経てきたのですが、

ことの始まりはルイ・ヴィトンによるトランクケースの登場でした。

1854年以前のフランスでは旅行や移動時の専用鞄は存在しておらず、

荷物を持つ専門の業者がいたそうです。

その様子をみて、持ち運びできるカバンを作れば売れると思い

木製の鞄を発明しました。

その後、改良を求め革張りに。

続いてドイツのリモアによるアルミニウム製のスーツケースが販売されましたが、

サイズ感がタンスほど大きかったそうです。

Kofferfoto – 投稿者自身による著作物, CC 表示 3.0, https://commons.wikimedia.org/w/index.php?curid=7536405による

その後アメリカのサムソナイト大衆用スーツケースを創り、

ジュラルミン製へ改良をし現代に一番近いものとなるそうです。

キャスターがついたキャリーケースが作られたのは、

1972年日本で「持ち運びし易いスーツケースを」と言う要望により、

サムソナイト(日本)の総代理店との大阪のスーツメーカーACEライセンス契約を結んでので、

スーツケースの底にキャスターが付けられた“キャスター付きスーツケース”が日本初で創られたそうです。

おすすめのキャリーケース紹介

ここからはタイプ別にさまざまな、キャリーケースをご紹介していきます♪

利用したいシーンに合わせたさまざまなサイズがありました!

フロントオープン型

おすすめポイント

フロントオープン型で縦に開くタイプになっています。

更衣室での利用にはサイドの方へ配慮をしつつ、

利用する必要があります。

おすすめポイント

フロントオープン型でサイドに開くタイプになっています。

そのため、イベント時の更衣室でも気にせず荷物の取り出しが可能です。

値段は少しお高めですが、一番理想に近いタイプではないでしょうか。

おすすめポイント

フロントオープン型となりますが、フルオープンはしない様子。

着替え後、最後に小物やアクセサリー類の取り出しが簡単に行えます。

防水性も兼ね備えています。

多機能型

おすすめポイント

上部の一部のみ開閉できるタイプとなっており、

サイドにコンセントがついています。

スマホの充電をしながら移動も可能になるので

長時間のイベント時には重宝されますね!

おすすめポイント

フロントオープンかつ多機能キャリーです。

夏場のイベントでは数分補給が必要になりますが、

ドリンクホルダーがついているので、持ち歩いても活用を助けてくれるのではないでしょうか?

おすすめポイント

スーツケースタイプでドリンクホルダーの他に、

コンセントもついています。

耐久性に優れているため、

型崩れがなく会場まで衣装類を運ぶことができます。

Bauhutte(バウヒュッテ) コスプレスーツケース BCK-320-BK

Bauhutte(バウヒュッテ) コスプレスーツケース BCK-320-BK

9,800円(03/04 09:54時点)
Amazonの情報を掲載しています

おすすめポイント

コスプレのためのキャリーケースのようで、

鏡を置く台座にしたりできるのでメイクも楽々です。

耐久性には少し問題があるようなので、

重すぎるアイテムは使用不可の可能性があります。

小型タイプ

おすすめポイント

縦にせず移動時も横のままのため、

ウィッグも崩れることがなく、

コンパクトの為、着替え時も自身のスペースを確保できます。

おすすめポイント

コンパクトかつ、USBポートとドリンクホルダーがついています。

このサイズ感であればウィッグ専用として利用し、

着替え後には手荷物を入れて持ち運ぶことも♪

コンテナキャリー

おすすめポイント

造形物の運搬に利用できるコンテナキャリーです。

見た目もPOPで40kgまでいける優れもの!

値段も高すぎないので試しに購入してみても・・・

おすすめポイント

折りたたみ可能なコンテナキャリーです。

運搬後は折りたたみスペースの確保もできるため、自宅での管理も楽々です。

カメラキャリー・バッグ

おすすめポイント

根は張りますが、キャスター付きの防水ハードケースになります。

カットスポンジも内蔵されているので安心して機材の運搬が可能です。

おすすめポイント

車輪付きの大型カメラ用トラベルバッグです。

キャリーとしてはもちろんの事、リュックとしても活用ができるので混雑時には素早く背負うことが可能です。

おすすめポイント

三脚などを収納可能なキャリーです。

スタジオ撮影などの際に利用が多い三脚などを、楽に運搬可能です♪

いかがでしたでしょうか?

コスプレイベントや撮影など衣装の運搬に利用できそうなキャリーケースの参考になれば嬉しいです。

kirakira

Writer

この記事を書いたひと
ももた先生

ごんちゃん

漫画家のなかはらももた先生に描いてもらったオリジナルイラスト♪ 物心ついた時からゲーマーでリアクション芸が大得意のコスプレイヤーです。 得意なコスプレは食べるキャラと特殊部隊の武装コスプレ・・・ あだ名はコミュ力スーパーサイヤ人です。 温かい目で見守りよろしくお願いします。

関連記事

キラキラ

RELATED POSTS

キラキラ