【Photoshop-フォトショップ】顔のテカリも簡単修正!季節も気にしない宅コス加工!

今回は、自宅で撮影をした“宅コス”を理想の背景と合成していく方法&テカリの修正方法をご紹介!

必要な素材を集めよう

合成をする前に、必要な背景や素材エフェクトなどを用意します。

基本はAdobe stockよりお借りしていますが、

見つからない場合はCanvaにて作成をしています。

被写体や背景の合成方法については、こちらの記事よりご確認ください。

宅コスで困ることは?

ズバリ、リングライトによる顔のテカリ!!!

無駄なテカリをなんとしても消したい!

ということで、調べてみました。

テカリ調整

右下レイヤータブのあるグレーの中に、チャンネルという項目があります。

こちらを選択しブルーのチャンネルを複製していきます。

この後使用するのは複製後のブルーのコピーです。

ブルーのコピーを選択した状態で、

画面上部のイメージより色調補正レベル補正の順で選択していきます。

この時、レベル補正時には被写体のテカリ部分が白くなるように調整を行います。

※後にマスクの調整も行えるので白黒はっきり分けてOK。

レベル補正の際、入力レベルの表の下へ”小さい三角レバー“が3つついていますが、こちらは1箇所にまとめます。

まとめる場所のポイントは波が一番高くなっている場所へ集めてみましょう。

設定が終わりましたらOKを押してブルーのコピーを選択後、通常のレイヤーに戻ります。

設定した範囲のみを選択後は通常レイヤーに戻り、テカリ近くの色を選択します。

自動で塗りつぶしがされるかと思いますが、されなかった場合はペンに切り替えて塗りつぶしていきます。

選択済みの範囲のみ、塗りが適応されるため、はみ出している箇所は塗りつぶされませんので安心してください。

完成

色味調整なし
色味調整あり

最後にベタ塗りで薄ピンクを入れていきます。

全体的に色を載せているのでより馴染んでいるように見えます。

最近ではフォトショップを使いこなすコスプレイヤーさんも増えてきて、より身近なツールとなりました。

初めは難しそうと思って敬遠しがちですが、こんなに簡単にできることもあるんです! ぜひチャレンジしてみてください♪

その他の方法も、引き続きご紹介していきますので、チェックしてみてください!

kirakira

Writer

この記事を書いたひと
ももた先生

ごんちゃん

漫画家のなかはらももた先生に描いてもらったオリジナルイラスト♪ 物心ついた時からゲーマーでリアクション芸が大得意のコスプレイヤーです。 得意なコスプレは食べるキャラと特殊部隊の武装コスプレ・・・ あだ名はコミュ力スーパーサイヤ人です。 温かい目で見守りよろしくお願いします。

関連記事

キラキラ

RELATED POSTS

キラキラ