【C102】企業ブース・サークル紹介 in コミックマーケット

2023年8月12日〜13日に開催された「コミックマーケット102」にて

企業ブースやサークルブースを取材をさせていただきました♪

※本記事は取材時間の都合上、全ての企業ブースをご紹介する記事ではございません。ご了承ください。

コミックマーケット102

取材事前記事はこちらより

取材協力 カメラマン

(敬称略)

入場の様子

今回のC102は入場制限やチケットなどの内容も前回と変わり、より多くの参加者が見込まれていました。

実際に来場者数は、2日間で26万人

海外からの参加も賑わいに加速を見せ、

今回は国際部に問い合わせがあっただけでも、

2020年以降最多となる2日間で61の国と地域から参加者が来場したとのことです。

当日は台風の到来が心配されていましたが、

1日目は見事な快晴でした! 

2日目は時折、雨が降りましたが盛大に荒れることはなく、オタクの祈りの強さを感じました。

今回はどうやって台風を脅したんだろう。

こちらはアーリーチケットという、

一般参加としては一番早く入場できる制度によって入場する様子です。

戦いへ赴く情熱を感じて、最高です。

しかし走ってはいけません。

スタッフさんの「走らないでください!」を聞くたびに、いつかこれを聞かなくなる日が来るといいな!と思うのでした。

会場の混雑状況

一時期の入場制限時に比べると、格段に人が多い!!!!ので、外に並ぶ列も長蛇でした。

会場外、会場内はコスプレエリアも、そして帰りの駅に向かう道や改札も大盛況。

当日の駅をスムーズに利用したい方は、開催時間や終了時間とずらしたタイムスケジュールで動くとよさそうです。

移動用のエレベーターも、乗るまでに待ち時間が発生していました!

こちらは、会場後に「2階企業ブース」へ向かうエスカレーターの待機列の様子。

エスカレーター前待機の様子 2023.08.13

企業ブースエリア

各企業がコミックマーケットだけのグッズや先行発売グッズ、無料配布、イベントなど楽しいコンテンツを提供してくれるのがここ「企業ブース」です。

人気のブースにはもちろん並び列が発生したりします。

ゲストが登場するイベントなどは、開始時刻の告知などをしてくれますので、

気になるブースがあればSNSアカウントのフォローがおすすめです!

TourBox Japan(No.1211 西3・4ホール)

クリエイターのために設計された、究極Bluetoothコントローラー「TourBox」

ほぼ全てのクリエイティブソフトに対応するカスタマイズ編集コントローラー」として開発されています。

ブースでは、実際に使用しての実演が行われていました。

クリエイターがたくさん訪れるコミケでは、とても気になる存在として注目されていました。

サンボーンジャパン(No.1411 西3・4ホール)

ドールズフロントライン」「ニューラルクラウド」のグッズ販売や、公式コスプレイヤーが登場し、撮影できる展示などがありました!

クルカイの公式コスプレイヤーさんは、とてもかわいくてかっこよくて、撮影させていただけてスタッフもとても喜んでいました。

銃を擬人化した戦術人形たちと戦うシミュレーションゲーム
ドールズフロントライン”(ドルフロ)の、スピンアウトタイトルとなり、
 原作では壮大な戦争が舞台であったのに対し、
“ニューラルクラウド”ではバーチャル世界からの脱出を目指す中で、
人形たちの心理にも迫っていく内容になっております。

飲むあんこ「theANko(ジ・アンコ)」(No.1914 西3・4ホール)

手軽に栄養補給できる手段として、「あんこを飲む」という手段を提唱している「theANko」。

控えめに言って最高では? 

直火銅釜で熟練した職人が炊いた”和菓子クオリティ”の味」ということで、美味しい栄養補給ができちゃいます。

ブースには、VSingerでありVTuberの「shiroAN」さんの声優さんや、公式コスプレイヤーさんも登場!

すごくかわいい。ナノたん(弊社イメージキャラクター、VTuberもやってます)と一緒に並んでくれないだろうか。

リバースブルー×リバースエンド(No.2324 南ホール)

あのHappy Elementsとグリモアがタッグを組んでリリースするという、

新作スマートフォンゲーム「リバースブルー×リバースエンド」も、C102に登場!

ハピエレさんの新作!?!? そしてグリモアさんと!?(グリモアさんはとてもすてきな会社です)ということで期待大のこちらは、

ブースにて無料で美麗イラスト入り大きな紙袋を配布したり、公式コスプレイヤーさんの撮影ができたりと、

わくわくしっぱなしのブースとなっておりました。

Happy Elements × グリモアが贈る完全新作RPG
[あらすじ]
『―― だったら別に、魔王でいい。』
大切なもの、大事な宝物、失いたくない想い。
何かを犠牲にしないと守れないなら、 私たちは “世界” を敵にまわす。
公式アカウントフォローで、可愛いベビースターラーメンがもらえます♪

鳴潮 -Wuthering Waves-(No.2531 南3・4ホール)

KURO GAMEが展開するゲーム「鳴潮」のブースです! 本作もこれからリリースを予定しているという作品。

オープンワールドで、この美しいグラフィックの世界を冒険できるということで、期待も高まります。

公式コスプレイヤーさんが勢揃いしての撮影は迫力満点! ゲームからそのまま表れたかのような姿に、撮影の意気込みもマックスでした!

オープンワールドアクションRPGとなっており、
由度の高い戦闘と多彩な物語を楽しめるゲームです。
終末世界を舞台とし、主人公は“共鳴者”という特殊能力者です。
能力は“音骸”を吸収し、封じ込め、感じとること。
“残響”を吸収しながら徐々に記憶を取り戻し、
世界に害をなす真実を思い出していくとのことです。

“"

エレメンタルストーリー(No.2322 西3・4ホール)

スマホ配信アプリ「エレメンタルストーリー」のブースでは、ライトノベル「スパイ教室」とのコラボを打ち出し、

公式コスプレイヤーさんの登場やオリジナル小説・キャラの無料配布、グッズ販売など盛り上がっていました!

人気タイトルどうしのコラボ、アツいですね!!

お宝感満載の無配もあり、行くしかないブースです。

無料配布のうちわです!

YOSTAR(No.1142 西4ホール)

こちらは大人気アプリ「ブルーアーカイブ」「エーテルゲイザー」のブース展示や、ノベルティ配布を行なっていたYostarブースです! 

公式コスプレイヤーさんも登場し、大盛り上がり!

人気作品とあって、ブースには常に人、人、人!!!

そしてペロロ!!!!

かわいいですね。たくさん写真も撮りました。

本作は「アズールレーン」、「アークナイツ」などを手掛けたYostarが贈る、
学園×青春×物語RPGです。
プレイヤーは学園都市キヴォトスの先生として、
個性豊かで魅力的な生徒たちと共に日常を過ごしながら、
様々なトラブルに立ち向かうことになります。

推し武道を推す自治体和気町&もふる×クロス(No.1334 西ホール)

「地下アイドルを推す漫画」として世界トップレベルに面白いと名高い、

推しが武道館行ってくれたら死ぬという漫画を知っていますか? 

そんなこちらの作品、作中の舞台岡山県にある「和気町」が企画する公式ファンクラブがあるんです! すごい!

今回はアイドル「もふる×クロス」とコラボし、ブースではアイドルとオタが既に揃った状態に

弊社スタッフも混ぜてもらい記念撮影。くまささんとえりぴよといられて、基さん気分に!

イースVIII -Lacrimosa of DANA- モバイル(No.114 西4ホール)

あの「イース」が、bilibili開発のもとスマホ向けゲームとして再始動! その世界観を堪能できるブースがC102に登場しました。

美しいゲーム画面の紹介、ここでしか手に入らないゲームグッズの配布、公式コスプレイヤーさんを撮影するチャンス。

そしてそっと添えられた、主人公アドルウィッグと武器

そう、このブースでは公式コスプレイヤーさんによるダーナの隣に、アドルとして立ててしまうのです!!!

原作のストーリーと世界観を継承したスマート端末向けのゲーム作品となっております。

[あらすじ]
稀代の冒険家、アドル=クリスティン。
この物語は、彼が残した「冒険日誌」の一冊”ゲーテ海案内記”に記された冒険の一つである。

ゲーテ海にある多島海の海域へと差し掛かった日の夜、
ロンバルディア号が突如として謎の巨大生物による襲撃を受け、
アドルは海へと投げ出されてしまう。

海流に呑み込まれ、意識が薄れていく中、
アドルが目にしたのは引き摺り込まれていくロンバルディア号の姿でした。
bilibiliさんの撮影にも映る弊社代表
弊社代表のアドル・クリスティン氏です
“"

IdentityV 第五人格(No.2631  南3・4ホール)

あの大人気ゲーム「IdentityV 第五人格」のブースでは、

サマーダイブのテーマでいつもとは違った装いのキャラクター達によるグッズ展開や撮影スポット、

公式コスプレイヤーの登場などで大いに盛り上がっていました!

とにかく神がかったファンサ、コスプレイヤーさんたちに脱帽です

非対称対戦型マルチプレイゲームとなっていて、スマートフォンゲームアプリです。
[あらすじ]
記憶を失った探偵に届いた1通の依頼。
誰も知るはずのない宛名
手に残す傷跡
自分に呼びかけてくるメッセージ
館の一室で見つけた手紙と日記。
そこに記された人格をプロファイリングする度に、
謎に満ちた惨劇を追体験する。
襲撃か逃亡か、全ての鍵を握る真実を求めて。

文化放送(No.1321/1322 西4ホール)

ラジオでは人気声優が出演する放送となっており、パネルの展示が行われていました!

なんと声優さんのお渡し会も開催され、ファンとしては行くしかない! 

グッズの販売も目白押しで、要チェックなブースでした!

オーガスト/ARIA(No.2231 南3・4ホール)

オンラインゲーム「あいりすミスティリア」のグッズや、

可憐な公式コスプレイヤーさんたちに会えるブースです!

9月には5周年を迎えることもあり、それに先駆けた展示のほか、

ゲーム内イベントの「冥界フェスティバル」と連動したグッズも!

知多娘。(No.1933 3・4ホール)

愛知県の常春の半島「知多半島地域」を2.5次元から応援するプロジェクト、知多娘。のブースです。

可憐な声優ユニットの皆さんに迎えられるブースでは、

フジドリームエアラインズ (FDA)とのコラボ企画や、

写真集の販売など、様々なPR活動が行われていました!

元気いっぱいの皆さんにパワーをもらえるすてきな場所でした!!

Sony Music Vitual (PRISM/VEE/VERSEⁿ)

Sony Musicグループが運営するバーチャルYouTuberプロジェクト

VEE」「VERSEⁿ」「PRISM Project」が一緒に出展! これは初めての試みです!!

どのキャラクターも素敵で、何と言っても個性豊か! 

所属バーチャルタレントが生出演し、お話しできるトークスポットなど、ファンにはたまらないコンテンツも!

推しと話せるなんて、なんてありがたい企画なんだ…

ボートレース多摩川(No.1432 西4ホール)

去年に引き続き、ブースの公式コスプレイヤーさんのお写真を撮らせていただきました!

アトラクション「BOATRACE VR スプラッシュバトル」も大盛況だったようで、弊社スタッフもちょっと気になってました…!

土屋工業株式会社

昭和から現代までさまざまな対象物をラッピング! 

ブースでは、パチンコや痛車の展示と一緒に、公式コスプレイヤーさんがおもてなししていました。

この時に展示されていたパチンコ台はソードアートオンライン、コミケ先行での実機演出を見れる、貴重な機会となりました。

自称印刷の女神「シルクちゃん」

一般サークル 

コミックマーケットの代名詞! コミケと言えばこれ!

今回は取材の許可をいただけた一般サークルの方々もご紹介させていただきます。

※撮影には特別な許可を申請しています。許可なく撮影したり、掲載したりすることは絶対に行ってはいけないので注意してください。

しじたみん企画(仮) (東エ02a)

こちらでは歌い手である、

詩人さんぐるたみんさんによるしじたみん企画(仮)としてCDの販売などを行っていました。

お二人のパワフルな歌声をぜひみなさんも聴いてみてください!

ぐるたみん 詩人さん (手だけ出演いただきました。)

ゆりこ帝国(東Q50ab)

人気コスプレイヤーユリコタイガーさんのサークルです。

グッズや写真集の販売があり、さらにユリコタイガーさん自身がエルフのコスプレでサークルにいらっしゃいました!

ファンにはたまらない嬉しい機会となっておりました。

Wasanbon(東ワ36ab)

以前コミックマーケットで、Cospotの企業ブースでナノたんのコスプレをしてくれたゆしこさんのお手伝いしているサークルにも、お邪魔してきました!

waさんの同人誌の頒布を、浜風に扮したゆしこさんがお手伝いしており、

長身で存在感のあるコスプレは一際目立っていました!

wa(washizutan2)

コスプレイヤー:ゆしこ(@duopome)

アストロジカ(西つ24a)

愛ゆえにつくる! 造型レイヤースイさんのサークルです。

こだわりの作品を写真集として頒布していた今回、実際に作品に登場する「ガレヲン」のコスプレでサークルにいらっしゃいました。

売り子さんとしてお手伝いしているウィルナスは、イケメンキャラはお手の物、性別の次元を超えるコスプレイヤー大和さん

素晴らしい作品は、なんと当日分が完売に!! 

キャラへの深い解釈、愛、コスプレを通した表現の詰まった写真集を見ていると、「これが見たくてコミケに来ている」とオタクの魂が震えました。

スイ(@sui0925)

大和@en_yamato

まとめ

命の危険を感じるほどの暑さを乗り越え、無事に開催を終えたC102。

今回もご協力いただいた企業の皆様、参加者の皆様、コミックマーケット準備会の皆様に、心からお礼申し上げます。

取材する我々スタッフも、コミケの空気を全身で感じることができました。

次回は冬に開催されるC103! 

またぜひオタクたちのアツい戦いを見つめたいと思います!

過去の記事はこちら

kirakira

Writer

この記事を書いたひと
アバター画像

Cospot

世界中のコスプレを愛する人々を繋げるために生まれたアプリ。2才。 コスプレイヤー・カメラマンの皆様に役立つ機能を日々開発している。 全てのコスプレイヤー、カメラマン、そして見る専の方々が、それぞれの形でコスプレというものを楽しめるようにすることを目標に、ユーザーの皆様に支えられ、少しずつ登録者が増えている。 今日もがんばっています。

関連記事

キラキラ

RELATED POSTS

キラキラ