【カメラ初心者必見!】よく聞くカメラの単語をわかりやすくご紹介♪

この記事は公開から1年以上経過しています。内容が古くなっている可能性があります。

これからカメラを始めたいけど設定や単語(ワード)が分からない!

そんなカメラ初心者さんにわかりやすくご説明させていただきます!

実際私自身も初心者なので調べながら勉強になりました。

目次

1.データ基本単語

2.単語一覧

3.機材単語

データ基本単語

JPEG[ジェイペグ]-Joint Photographic Experts Group1,677万色のフルカラーを表現し圧縮に長けている。
RAWより小さい画像データの作成が可能だが、
圧縮後保存を繰り返すことによって画質が劣化してきます。
PNG[ピング]-Portable Network Graphics主にWEB。
透過処理対応・色数が少ないアイコン画像やロゴなどにも利用推奨
RAW[ロー]出力信号をそのまま取り出した生データの為現像をしないと見たりプリント不可。
ファイルサイズが大きい。
GIF[ジフ]-Graphics Interchange FormatPNGと同様にWEBで使用。
画像は色数が最大256色。
TIF[ティフ]-Tagged Image File Format圧縮によってデータ量を抑える処理を行わない、画像の品質を最優先させた画像形式。
データ容量が非常に大きくWEB表示はなし。
PSD[ピーエスディー]AdobeのPhotoshopのファイル形式。
編集情報の保存化できるので再度編集作業を行うことができる。

関連記事

キラキラ

RELATED POSTS

キラキラ
thincul発売中