「コスプレde海ごみゼロ大作戦2024春」参加募集開始!!日時:2024年6月1日(土) 11:00〜16:30(更衣室9:00オープン)場所:キャナルシティ博多周辺

日本財団・環境省キャンペーン主催「春の海ごみゼロウィーク2024」のキックオフイベントコスプレイヤーと共に盛り上げるごみ拾いイベントを九州にて初開催!

一般社団法人世界コスプレ文化普及協会(委員長:天野 知寿子)は、「コスプレde海ごみゼロ大作戦!!2024春」を2024年6月1日(土)に福岡にて開催します。世界コスプレ文化普及協会は、日本財団「海と日本プロジェクト」の協力のもと、コスプレイヤーにとって撮影スポットでもある「海の未来」を守っていくため、SNS発信力の高いコスプレイヤーと共に海洋ごみ問題を広く周知し、海洋ごみ問題に対する取り組みの輪を広げていく活動を推進しています。

イベント当日は様々なコスプレイヤーさんが集い、福岡の街中で一斉にごみ拾いをして、街を綺麗にします!その後は、福岡の街で自由にコスプレ撮影ができます。是非、「海ごみゼロウィーク」のキックオフならではのイベント「コスプレde海ごみゼロ大作戦」にご参加ください!

申し込みURL:http://umigomi-cos-fukuoka2024.peatix.com

この取り組みは、日本財団が推進する海洋ごみ対策プロジェクト「海と日本プロジェクト・CHANGE FOR THE BLUE」の一環で開催するものです。

<6月1日(土) イベントスケジュール>
2024年6月1日(土) 11:00〜16:30(更衣室9:00オープン)
第1部:11:00〜 海ごみゼロウィークキックオフ開会式
第2部:12:00〜 ごみ拾い
第3部:13:00〜 コスプレ撮影

更衣室:9:00~17:00@グランドハイアット福岡

<海ごみゼロウィーク開会式>

5月30日(金)~6月9日(日)まで全国で実施する「春の海ごみゼロウィーク」のキックオフとして、開会式を行います。会場と全国数カ所をオンラインで繋ぎ、開会宣言として「海ごみZORO宣言」を掲げます。

「コスプレde海ごみゼロ大作戦2023秋」の様子(2023年9月16日)

<福岡の街中でごみ拾い>

特にポイ捨てごみの多いエリアで参加者全員で一斉にごみ拾いを行います。一緒に「コスプレde海ごみゼロ大作戦」を盛り上げましょう!中洲エリアを掃除する予定です。

<注目ポイント:コスプレ撮影&まち歩き>

ごみ拾い後には、博多の街でコスプレ撮影やまち歩きを楽しめます。

▼コスプレ撮影

⑴キャナルシティ博多

・プラザステージ他、一般のお客様の邪魔にならないエリアで楽しめます

※プラザステージでは噴水ショーの前でも撮影可能(時間帯の制限があります)

⑵春吉橋

▼コスプレまち歩き
飲食店や雑貨店などコスプレしたままの入店OK
⑴キャナルシティ博多
※お店は調整中です

※その他エリアも調整中です!

<イベントのテーマカラー「青」色のアイテムを付けてごみ拾いに参加しよう!>

ワンポイントでもOK!参加者全員で一緒に、テーマカラーである「青」色のアイテムを付けてごみ拾いやコスプレ撮影をしましょう。当日は参加証として青色トートバッグや飲用水などもお配りし、ごみ拾い用の備品も全てお貸し出しするので、ぜひお気軽にご参加ください。

<イベント概要>

◆タイトル

「春の海ごみゼロウィーク2024」のキックオフイベント

コスプレde海ごみゼロ大作戦!!2024春 at 福岡

◆日時

2024年6月1日(土)11:00~16:30

◆会場

開会式:キャナルシティ博多サンプラザステージ

ごみ拾い:中洲周辺

コスプレ撮影&まち歩き:キャナルシティ博多、春吉橋

◆キャンペーン主催

日本財団、環境省

◆イベント主催

一般社団法人世界コスプレ文化普及協会

◆キャンペーン後援

国土交通省

◆特設サイト

https://umigomi-cosplay.com/daisakusen/

◆公式X

■海ごみゼロウィークについて

「海ごみゼロウィーク」とは、2019年から実施している海洋ごみ削減に向けた全国一斉清掃活動です。ごみ拾い活動を実施する団体にはオリジナルごみ袋を無料送付し、全国のごみ拾い活動を応援・促進しています。

※1団体につき計30人以上の参加が必要です(清掃回数の延べ人数が30人以上でも可)。 

2024年度は、5月30日「ごみゼロの日」 、6月8日「世界海洋デー」を含む5月30日~6月9日を『春の海ごみゼロウィーク』、9月20日「World Cleanup Day」から 9月29日までの期間を 『秋の海ごみゼロウィーク』に設定予定です。

特設サイト:https://uminohi.jp/umigomi/zeroweek/ 

■コスプレイヤーとの取り組みについて

漫画やアニメ、ゲーム等に登場するキャラクターになりきるコスプレイヤーの中には、自身の撮影で使用するロケーションが汚れないよう、日頃から率先してごみ拾いを行っている方も多くいます。世界コスプレ文化普及協会では、環境意識とSNS発信力が高いコスプレイヤーとともに、海洋ごみ削減の活動を実施しています。

※補足:「コスプレ」と「仮装」について

ハロウィン等のイベント時にキャラクター衣装を身に付けたりメイクをして楽しむ行為は「仮装」と位置づけ、「コスプレ」とは区別しています。コスプレのイベントでは、(渋谷のハロウィン等で毎年話題になっているような)騒音や迷惑行為が発生したり、イベント終了後に大量のごみが散乱していたりすることはほとんどありません。

<団体概要>

一般社団法人 世界コスプレ文化普及協会
コスプレ文化が広がっていく中で、作品や作者への敬意・知的財産権に対する正しい理解を始めとする「コスプレに対する正しい付き合い方」を訴求する必要があると感じて設立。現在、世界規模でコスプレに関するイベント・商業施設と連携を図り活動しています。

https://umigomi-cosplay.com/

CHANGE FOR THE BLUE

国民一人ひとりが海洋ごみの問題を自分ごと化し、”これ以上、海にごみを出さない”という社会全体の意識を向上させていくことを目標に、日本財団「海と日本プロジェクト」の一環として2018年11月から推進しているプロジェクトです。

産官学民からなるステークホルダーと連携して海洋ごみの削減モデルを作り、国内外に発信していきます。

https://uminohi.jp/umigomi/

日本財団「海と日本プロジェクト」

さまざまなかたちで日本人の暮らしを支え、時に心の安らぎやワクワク、ひらめきを与えてくれる海。そんな海で進行している環境の悪化などの現状を、子どもたちをはじめ全国の人が「自分ごと」としてとらえ、海を未来へ引き継ぐアクションの輪を広げていくため、オールジャパンで推進するプロジェクトです。

https://uminohi.jp/

関連記事

キラキラ

RELATED POSTS

キラキラ
thincul発売中