2014年の開業以来、常に進化と成長を続けてきた大人気エリア『ウィザーディング・ワールド・オブ・ハリー・ポッター』

~10th Anniversary~ あなたの“魔法史“を塗りかえる、特別な1年がはじまる

 ユニバーサル・スタジオ・ジャパンの大人気エリア『ウィザーディング・ワールド・オブ・ハリー・ポッター』は、2014年7月15日のグランドオープンから今年で10周年を迎えます。今年はアニバーサリー・イヤーにふさわしい数々の魔法体験によって、あなたの魔法史を塗りかえる、特別な1年をお届けします。

『ウィザーディング・ワールド・オブ・ハリー・ポッター』 ~10th Anniversary~

 『ウィザーディング・ワールド・オブ・ハリー・ポッター』は、グランドオープン以降、本当に魔法をかけることができる『ワンドマジック』や、ホグワーツ城を舞台にした壮大なキャッスルショー『ホグワーツ・マジカル・ナイト』など、ユニバーサル・スタジオ・ジャパンの成長とともに進化を続け、新たな魔法体験をお届けし、みなさまの魔法史を塗りかえ続けてきました。

憧れの魔法界が驚きのクオリティで目の前に現れた、あの感動、あの興奮から10年を迎える今年、アニバーサリー・イヤーにふさわしい数々の魔法体験が、一年を通して、あなたの魔法史に新たなページを刻み続けます。昨年期間限定で開催し、最もクリエイティブなアトモスフィア・プロダクションとして、世界的名誉「IAAPA Honors 2024/Most Creative Atmosphere Production」を受賞※1した『マジカル・クリーチャーズ・エンカウンター ~魔法生物との出会い~』の再演(3月15日(金)~)を皮切りに、ホグワーツ魔法魔術学校で過ごす生徒たちのように、刺激的でワクワクする、魔法に満ちあふれた特別な毎日で、他では味わうことのできない超興奮、超感動の魔法体験をお届けいたします(今後のプログラムは随時発表)。

魔法界にどっぷり浸った時の他にはない興奮が蘇り、そして塗り替わる、特別な1年の『ウィザーディング・ワールド・オブ・ハリー・ポッター』に、どうぞご期待ください。

■世界的栄誉※1に輝いた、魔法体験が再び!

『マジカル・クリーチャーズ・エンカウンター ~魔法生物との出会い~』

 世界的栄誉※1に輝いた『マジカル・クリーチャーズ・エンカウンター ~魔法生物との出会い~』が、再び『ウィザーディング・ワールド・オブ・ハリー・ポッター』に登場します。毛並みや仕草、鳴き声までも生命力あふれるリアルな魔法生物たちと触れ合うことで、どっぷりと没入できる魔法体験をお楽しみください。

・『ヒッポグリフ・マジカル・レッスン』                                  

ハリーがホグワーツの森で出会った、荘厳な魔法生物“ヒッポグリフ”が目の前に!

4寮の生徒たちと一緒に触れ合い方を学ぶ、スリリングでワクワクする魔法体験

   ハリーが魔法生物飼育学の最初の授業で出会った、鷲のような頭に、馬のような身体、鋭いかぎ爪に、うろこで覆われた羽根を持つ、半鳥半馬の魔法生物“ヒッポグリフ”が、あなたの目の前に現れ、羽を広げます。『ヒッポグリフ・マジカル・レッスン』は、4寮の生徒たちと一緒に、敬意の表示を重んじる誇り高いクリーチャーの機嫌を損ねないよう、近づき、触れ合う方法を学べるスリリングでワクワクするエンターテイメントです。「ホグワーツ魔法魔術学校」の生徒のように、荘厳なヒッポグリフと実際に触れ合う、活き活きとした魔法体験をお楽しみください。

『ヒッポグリフ・マジカル・レッスン』

<開催場所> パフォーマンスステージ

<上演時間、回数> 約10分 1日8~10回開催 ※開始時間、開催回数は日によって異なる

・『ホグズミード・マジカル・クリーチャーズ・ミート』

ホグズミード村のあちこちに小さな魔法生物たちが出現!

触れ合うと、きっと心が通じ合う、ここだけの特別な魔法体験

 魔法使いが住む活気に満ちたホグズミード村のあちこちに、愛らしい魔法生物たちが出現。ふくろう便の前、カートの郵便物をあさっている、キラキラ光るお宝が大好物の“ニフラ―”。ホグズミード駅横の広場で、生き物商人がこっそり連れている、卵から孵化したばかりの“ベビードラゴン”。ゾンコの「いたずら専門店」の前で鳴いている、ふわふわピンクの“ピグミーパフ”。どれも賢くて可愛らしいけれど、魔法生物ゆえに予測不能なことが起きるので、注意深く触れ合いながら写真も撮って、ここでしかできない思い出作りをしよう。

<開催場所> ニフラー:オウルポスト前

 ベビードラゴン:ホグズミード駅横の広場

 ピグミーパフ:ゾンコの「いたずら専門店」横

<回数> 1日8~10回開催 ※開始時間、開催回数は日によって異なる

※1 世界中のテーマパークや常設アミューズメント施設の国際的業界団体である IAAPA(International Association of Amusement Parks and Attractions、本部:米国バージニア州)が主催する「IAAPA Honors 2024」において、「マジカル・クリーチャーズ・エンカウンター~魔法生物との出会い~」が、ライブエンターテイメント部門「Most Creative Atmosphere Production」を受賞

■ウィザーディング・ワールドについて

 今から20年以上前のこと、ロンドン・キングスクロス駅の9と3/4番線のプラットフォームへ突然に導かれた少年、ハリー・ポッター。そこから繰り出される作家J.K.ローリングの創造世界“ウィザーディング・ワールド“へ、今まで世界中の読者たちが主人公、ハリーと一緒に旅立ち、その世界観に魅了されてきました。以来、小説「ハリー・ポッター」シリーズの7作はすべてベストセラーとなり、8つの超大作映画が生み出され、受賞歴を誇る舞台演劇へと成長するなど、幅広く展開しています。そして、その広がりは衰えを見せることなく、近年では映画「ファンタスティック・ビースト」シリーズも続々と公開され、人気を集めています。年齢を問わず世界各国の人々に愛されるJ.K.ローリングが生み出したウィザーディング・ワールドは、とどまることを知らずどんどんと増幅し、人々はその世界で繰り広げられる非日常の冒険に心を奪われ続けています。過去や現在、未来をまたぐ、時空を超えた冒険に世界中の人々を巻き込み、さらなるファンを生み出しています。

ウィザーディング・ワールドは、これまでも、そしてこれからも本物の魔法をお届けし続けます。

■ユニバーサル・スタジオ・ジャパンについて

 ユニバーサル・スタジオ・ジャパンはコムキャスト NBCユニバーサルが完全所有しています。ユニバーサル・スタジオ・ジャパンは、国内のみならず海外からも多くのゲストが訪れるエンターテイメント、レジャー界における一大ランドマークとしての地位を築きあげています。ハリウッドの人気映画だけではなく、日本のアニメなどのさまざまな世界的人気エンターテイメント・ブランドをテーマとする本格的なアトラクションやショー、ゲストが思いきり楽しめるシーズナル・イベントなど、世界最高クオリティのエンターテイメントを提供しています。ここにしかない“超感動・超興奮”の忘れられない体験を通して、訪れるすべてのゲストが自分の殻を破り“超元気”になれる特別な場所『超元気特区』として、皆さまをお迎えしています。

2001年の開業以来、常に革新をし続けており、近年は「ウィザーディング・ワールド・オブ・ハリー・ポッター」が絶大な人気を博しているほか、「ジュラシック・パーク」エリア一帯を滑走する画期的なフライングコースター「ザ・フライング・ダイナソー」、大人気エリア「ミニオン・パーク」ではミニオンたちが繰り広げる想像を超える“ハチャメチャ”が楽しめる「ミニオン・ハチャメチャ・ライド」、そして任天堂のゲームの世界をテーマにした新エリア「スーパー・ニンテンドー・ワールド」では、実際に自分の全身を使ってアソビの本能を解き放つ、これまでにない“アソビ体験”をお楽しみいただけるなど、次々と世界最高エンターテイメントを打ち出し、さらなる進化・成長を遂げています。

WIZARDING WORLD and all related trademarks, characters, names, and indicia are © & ™ Warner Bros. Entertainment Inc. Publishing Rights © JKR. (s24)

Minions and all related elements and indicia TM & © 2024 Universal Studios. All rights reserved.

© Nintendo

TM & © Universal Studios & Amblin Entertainment

Universal Studios Japan TM & © Universal Studios. All rights reserved.

関連記事

キラキラ

RELATED POSTS

キラキラ
thincul発売中